CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
最新記事
バックナンバー
記事のカテゴリー
別マー連載一覧
カワムラタマミ 新連載:姫・殿・じいや・ばあや! 渡辺えり子の 2010年 ヨガのなう 冷えとりガールズの集い マーマーガールズ座談会 裏話 こころと部屋の大浄化作戦 わたしの浄化自慢 クラニオ日記 別マー山岳部 エコ部
MOBILE
qrcode
JUGEM AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
この春、詩集をはじめ、新刊が続々と出ます
もしあなたが健康を望むなら
あなたの病気の原因を取り除くための
心の準備ができていなくてはならない。
その時、はじめて、私はあなたを助けることができる



                   ヒポクラテス






みなさん、こんにちは。
1月ももう下旬にさしかかって、
ときの速さの話はもうあきたといわれそうだけれども、
はやいのなんのって、なになのでしょうね?

それにしても
心の準備、とは、
上記の文章の
病気、を、問題、というふうにしても
同じことがいえるように思います。

何か症状があったとして、
口では「よくなりたいぜ」なんていっていて、
そうだな、たとえば、
インフルエンザになっていて、
「早くよくなりたいっす」といっていても、
でも、もっと奥のほうの自分は
インフルエンザになって都合のよいことがあって
(たとえば、堂々と仕事がやすめるとか、
人の注目を集められるとか、誰かに甘えたいとか。
まあ、単純にただ休みたいとか)
ほんとうの理由に気づけるようになると
人生がおもしろくなるなあって思います。


表面のうわっつらの部分で
それなりにカッコつけて生きることもできるけれど、
けっこう本人はくるしいものなんですよね。

最高にイケてるという状態が
わからないから、
くるしいのも、まあ、けっこういいかというふうに
思ってしまうわけですけれども
(ものすごくおいしいものを食べたことがなければ、
今まで食べたいちばんおいしいものをおいしいと思ってしまうわけで)
もっと高いポイントで、
しあわせになったり、体調がよくなったり、
とても全体がスムーズになったりすることが
誰にだってできるのだよ、というふうに
よく思います。

でも、それを
妨げているのは、自分自身なのですネ!


って!


こういうことばかり書いているmilletとかいて
わたしめもです!

もうね、ぜんぜん、そんな、
発展途上ガール、
(否、今年はもうガールはやめよう)
発展途上レディ
なんであります。

ちなみに最近の
空前のレディブームは(わたしだけなんだけれど)
こちらから

◎頭炭酸レディ


(なんていい曲なんだ!!!!!)



で、



と、いいますのも!




今、

◎マーマーマガジン18号(3月末発売)
◎恋愛呼吸(仮)中央公論新社=刊 加藤俊朗先生との共著(5月くらいに発売)
◎あたらしい自分になる本の続編、自由な自分になる本 アスペクト=刊
(驚愕の4月発売)
そして!

◎服部みれい詩集 だからもう、はい、好きですという(仮) ナナロク社=刊(3月発売)


の準備中でして!


わたし……


おいこまれてるン……。




と!
その話の前に!

土曜日は青山ブックセンターで、
スペクテイターの青野利光さん、
編集者でライターの赤田祐一さんのおふたりと
トークショウを行ったのですが!!

おもしろかったです。

ほんとうにこの企画、自分自身が今度どうしていったらいいか
さぐるためにはじめたのですが(すみません)
ヒントが多かったです。

もちろん最後は、
自分らしくやるしかないわけですが、
おふたりからは、
やっぱり
自分らしくやるということの大事さを
教えていただいたかなー。


なんか……
ほんとうに、はげまされた夜でした。
青野さん、赤田さん、ありがとうございました。



あまりにおもしろい話が満載だったので、
どこかでご紹介できる機会があるといいなあと思っています。
だいたい、わたし自身がメモをとれてないから
もう一度読み返したい!というほどの内容でして!


広告と雑誌の関係とか、
電子書籍のこととか、
文体のこととか、
いろいろお話しました。


そうそう、青野さんからは、
わたしが、アリシアさん(本誌連載中)が体験したような
自給自足の生活を実際にしてみたいと思いますか?
という質問をうけたりもしました。


わたしは、実際に、なにもかもなげうって
そういう生活に入っていきたいというヴィジョンが
ひとつもないわけではなくて、
特に今年はいろいろ変化をしそうで、
そういうことをとても具体的に考えることもある。
(アナスタシアという本の影響がとても大きいです。
あと個人的な実生活の変化と)

でも、ここ数年は、まだ自分のやることが
(自給自足の生活以外に)あるようなきがして、
その役割みたいなものをしっかりまっとうしたい。


その間を揺れている。
そして揺れているあいだは、
それでも都会で田舎暮らしを、できる範囲で、
していきたいと思っています、というようなことを
お話しました。


都会で田舎暮らしといっても、
ベランダで大根つくる、とかそういうことではなくて、どちらかというと
もっと「意識」の話なのですが。

赤田さんからは
「服部さんにおみせしたい」という本を
たくさんもってきていただき、
ほんとうに感激しました。
どれもこれも読んでみたい本です。


赤田さんには、2010年のお正月あけすぐに、
突然、面会を申し込んで(本当に、面会というかんじ)
お会いしたのがはじめてだったのですが
(なにせ、赤田さんの本「ポパイの時代」の大大大ファン!!)
そのときにもたくさんのヒントをくださって、
もう、たのしくてたのしくて、
今回もそのときのように、なんだろう、
部活の2歳上とかに
ものすごーーーーく博識の先輩がいて、
その先輩から、めっちゃいろんなこと
部室で教わって、もう、目を白黒させてる後輩、みたいな、
その感じが、もう、たまらなくて、
感無量でした。


あとネ、
おふたりからは、わたしの「文体」についてのご指摘もあり、
そのことをおっしゃるかたが、ほとんどいなかったので、
それもうれしかったです。

とにかく大先輩方に
励ましていただく会となりまして、
その励ましが、
会場のかたへの励ましにもなっていることを祈りつつ、
という感じなのですが、
ご参加いただいたみなさんいかがでしたでしょうか?


とにかくわたしはたのしかったです!
次回、同じ企画は、
ゲスト、「酒とつまみ」の大竹聡さんです!!!!
まだお会いしたことがないのですが、
ほんとうに、お会いするのがたのしみ!

なぜなら、マーマーマガジンのうみの父は
スペクテイターで、赤田さんと青野さんが取材したある記事だったのですが、
その後、育ての親?的な存在は、「酒とつまみ」だからです。

迷ったとき、くるしいとき、
どれだけ「酒とつまみ」をひらいたことか……。

わたしの個人的な勉強会みたいなものに
みなさんにつきあわせてしまって恐縮なのですが、

◎おもしろい表現をしたい
◎自分のすきなことをしごとにしたい
◎雑誌やメディアに興味がある

というかたは
ぜひご参加くださいネ!
大竹さん、「タモリ倶楽部」とかで拝見したことがあるのですが
とってもすてきなかたです!

どうぞ、おたのしみに!


****

と!


話はもどって、
とにかく、
口ではえらそうなこといってるくせに、
自分はへろへろ、という、
(今年からはそれも卒業だぜ!と思っていますが)
milletとかいて、みれいなのでありますが!!!


がががが!


3月に!!!

ナナロク社から

詩集がでます!!!



「はあ〜? 詩集ぅ? なにやってんのぉ〜? はあ〜?」


というかたもいらっしゃるかもしれませんが、
なんの因果か、詩集なんです。


そして、
3月3日!
目白の自由学園 明日館で、詩集の朗読会をやります。
わお!

なんと、
谷川俊太郎さんといっしょに!!


すてき!!!
夢みたい!!
とびあがる!!
からだが浮く!
でも丹田にエネルギー蓄えて!!
息は鼻!
仙骨立てて!!!
ふ、ふ、ふ、ふ、B!!!(このネタ、マニアックすぎますね)





ということで
くわしくは
ナナロク社ホームページ

をご覧ください。
明日の木曜日に
詳細発表になります。


◎3月3日 谷川俊太郎さん&服部みれいの詩の朗読会


です。
そのときには、わたしの詩集も発刊されている予定です!
どうぞどうぞ、おたのしみにネ!



詩をどれくらい書いてきたかというのは
わたしのはじめての詩集「甘い甘い甘くて、甘い」(エムエム・ブックス)に
書いたのですが、
高校生のころから、なのです。


大量の詩というものがあって、
それらは誰かに見せるというつもりはなかったのですが、
こういうのは、おなら、みたいなものなのか、
「でるとくさい」ということで、
きづいてくださるかたがいるものなのですね。
ありがたいはなしです。

ことばのこと、
からだのこととおなじように
精進してまいります! うす! うすうすうす!(突然の気合い)




みなさんも
どうぞ、
好きなことをやってくださいね。
「そんな、好きなことやったらたべていけませんがな」
って思うかもしれませんが、
つきつめるとそうではないと思います。

このあたりのニュアンスをお伝えするのは
難しいのですが。
お金と仕事のこと、
本誌でも、また企画したいなって思っていますよ!



あ、あと、
みなさんからのたくさんのお便り、読者カード、おくりもの、
しかと、いただいております。
すべてのものをしっかり拝見させていただいております!
おひとりおひとりに
御礼をもうしあげられなくて、
ごめんなさい。
でもこのブログ、このインターネットの電波、
電磁波に愛をのせて、
電磁波さえも愛であるように、
みなさんに、ありがというという気持ちをのせたいと思います。


このブログを読んだ人には、
電波が愛になっていますように……。



ではまたです!

PS 今週金曜日のメルマガはまた脱ぎました



◎おまけ



トークショウの様子。
わたしの隣が青野さん、さらにおとなりが赤田さんです。
みなさん、ありがとうございました!

ちなみにこの会場の最後部には、
わたしの詩集を出版してくださり、
谷川俊太郎さんとの詩の朗読会を企画してくださった
ナナロク社の村井光男さんが座っておられたのですが、
その眼光のするどさが半端なかったです。

(は、ナナロク社さんのスタッフ募集のブログがすごくよかったので、
みてみてください。発想力より発送力、みたいな話!!
わたしもまったく同感です!!! エムエムブックスも精進しますです)



現在、18号も鋭意制作中!
この写真は、次号に掲載予定の



弓田ごはんの取材で、
絶句する、当社スタッフ知公弓子氏。
取材の様子はこちらから!

みなさん、ありがとうございました!




18号は、3月末発売予定です。
うち、いま、つくっとるけん!


どうぞ、おたのしみにね!!!














チャオ出汁






| お知らせ | 11:29 | - |
スポンサーサイト
| - | 11:29 | - |
<< マーマーマガジン入門◎本心良心を発揮する◎獅子舞を見た | TOP | もたない方向へシフトする◎表現で食べていくことについてのあれこれ◎八の大浄化物語◎自分に負けないで生き抜いていく >>