CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
最新記事
バックナンバー
記事のカテゴリー
別マー連載一覧
カワムラタマミ 新連載:姫・殿・じいや・ばあや! 渡辺えり子の 2010年 ヨガのなう 冷えとりガールズの集い マーマーガールズ座談会 裏話 こころと部屋の大浄化作戦 わたしの浄化自慢 クラニオ日記 別マー山岳部 エコ部
MOBILE
qrcode
JUGEM AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
自分の中にある、それ、と、あれ、をクリーニングしています
「わたしがわたしであることを手放したとき、
あるべきわたしになる。
もっているものを手放したとき、
必要なものが手に入る。

それを女性性のパラドックス、
あるいは陰陽の陰のパラドックスという。

・譲歩することによって強靭な力を得る
・なにもない空間が満たされる
・自分を捧げたとき、大きな自分になる
・打ちのめされたと感じたとき、成長がはじまる
・なにも望まないとき、大きなものがやってくる

成果や愛を得ようとする必死の努力が失敗し、
あきらめたと思ったときに、気がつくと
その両方ともを手にしていたという経験はないだろうか?」


『タオのリーダー学』(ジョン・ハイダー=著 春秋社=刊)より抜粋







みなさん、こんにちは!
本当にえらい人は、「えらそう」ではないですね。
えらそうな人、態度が尊大な人、
自慢する人、批判する人、上から目線の人、
疑心暗鬼な人、饒舌な人(はっ、)
目立とうとする人、そういう人は、
こころの中に、たいていの場合は、恐怖心があるのですね。


恐怖心って何なんだろう?
恐怖心につきうごかされていますよね。

こころの中が安心で安全で穏やかで満たされていたら、
えらそうに上から目線になることってありません。
たぶん、そうなんです。
ほんとうに「えらい人」っていますが、
本物の「えらい人」って、決してえらそう、じゃないんです。
ただ、「えらい」んです。「立派」なんです。
ただ、「立派」が、眼の前にあるだけ、という感じ。
だから、その人を誰もが尊敬します。そういうものです。
「えらそう」な人は、人が離れていきます。
そういうものです。

自戒の念をこめてそう思います。


先日、冷えとりの会にいってきました。
キャンディケイトさん主宰の、進藤幸恵さんのおはなし会です。

(冷えとりをなさる方、一度は行ってみられるといいと思います。
冷えとりのしくみがほんとうによくわかりますよ!!!)

冷えとりの会へ行くと、
ほんとうに、いろいろな質問が出るのですが、
どういう会場へ行ってもそうですけれど、
「うーん、それ、本に書いてあるナリよ〜」って
眉毛が八の字になってしまうような質問が多出します。
幸恵さんは、そのどれもに、
ていねいに、根気よく対応していらして、
すごいと思いました。


冷えとりのすごいところは、
進藤義晴先生、幸恵さんの本に
なにもかも(!)書いてあるということです。
しっかり読めば、ちゃんとできます。

現代人は、自分で考えて工夫することを
放棄してしまったのか、と思うことがたくさんです。
便利ってこわいですね。
自分にそういうところがあるから、
「そういう人」を見るのだと心得て、
ただただ、ポノるばかりですけれども、
冷えとりをはじめたかたは、
冷えとりの本をしっかり読んでほしいなって思います。
「にわか」でやらないことだと思います。


***

本って、読む人、タイミング、状況、
そういったもので、入ってくる情報が違うのかなと思ったりします。
そのときの自分の波動によって
反応できる情報が違うというか。

マーマーマガジンの読者の方は、
本当に、すごいリテラシーの高い方が
本当に多くてですね、
ほとんど誤解されるということがない幸運な雑誌ですが、
それでも、やはり「ある側面」だけをとりだして、
「ああだこうだ」いいたい方も、ごくごくたまにですけれどもいるようです。

ものごとは、多面的で立体的で有機的だと思います。
でも、わたしたちは…なぜだか、ほんとうになぜだか、
ぶつぶつと、分断された世界にいて、
世界を分断されたように、見るようになってしまった、
そんな気がします。

一部だけ見て、全部を知った気になっている。
もちろん、わたし自身もそうかもしれないです。
ただ、マーマーマガジンの態度としては、
わからないなりに、現段階での、考えうる最高の解はここで、
その解について、みんなで考えようよ!って思っています。
マーマーマガジンだって、完全じゃありません。
だって、完全じゃない、人間がつくっているのだもの。あたりまえのことです。


崇拝したい気持ちは、
恐怖心があるからだと思います。
批判したいのも、
恐怖心があるからだと思う。


ここのところ、わたしは、この恐怖心の問題と、
恐怖心がひとびとのこころからクリーニングされること、
この重要性について、ずっと考えています。
恐怖心は、ものごとを複雑にして、
そうして、どうも、「自然」なことをうみださないようなきがするからです。


いや、もちろん、わたしの中にそれ(恐怖心)があるから、
そういうものを見るのだと思います。
わたしの中の、恐怖心を
今こそ、クリーニングするときがきていると、
あらためて思っています。



****




あと、昔でいうと、内ゲバっていうんですか?
(古すぎる?)
内輪で、批判し合うという態度も
もう古いと思います。

何度もブログで書いていますが、
たとえば、代替医療を行っていて、
(メインストリームの西洋医学に対してのオルタナティブ、ですが)
その中で、
相手を批判し合うというのも、
もう古いのかなって思っています。

わたしは、能天気すぎるかもしれないけれど、
「違い」を指摘し合うのではなくて、
「同じもの」を意識していく、というのが
うまくいく方法かなって思っているんです。

医療にたずさわる人は、
人の「いのち」を育み守るということで、
同じ仲間だと思います。
それよりも、もっと、協力し合うとかして、
助け合うこといっぱいあるんじゃないかなー。違うかなー。

脱原発の問題も同じだと思う。
そこへのとりくみは、ひとそれぞれだと思う。
デモに行く人、祈る人、そのほかの取り組みをする人、
食べ物をつくることを決めた人、
近くの人を大切にしようと決めた人、
仕事を変えた人、いろいろな取り組みがあります。
そのどの取り組みも尊いと思う。
自分の「正義」が、「すべて」ではないとわたしは思っています。

「正義感」がぶりぶり高まっているときって、
ほんとうに注意が必要だと思っています。


ほんとうは、世の中ってどういうしくみでできているんでしょうね。
自然って、どうなっているんでしょうね。

人間って何も知らないと思います。
自分は何も知らないっていうところから
スタートするしかない、ってあらためて感じています。

全部わかった! 全部熟した!ってなったとき、
人間は、あやまちをおかすのかもしれません。

世界は広く、宇宙は深い。

価値観の大転換が、
いま、やはり、宇宙からなのか、どこからなのかわからんですけれど、
望まれていて、
そのヴィームに、つきうごかされて、
人々の意識が変わってきている気がします。

ただ、もう、まったく旧態依然、の人もたくさんいて、
対話ができなくもなっています。
それも、別に悲しむことではなくて、
必然なんだと思います。
それを悲しむことはない。
ただ、世の中は、流転し、変化し、進化して、
変わっていっている、
その大きな渦に、自分はいて、
そのほんのちいさなひとつぶなんだ、って思います。

ただ、そのひとつぶは、
「すべて」につながっているから、
ひとつぶ、のちいさな変化は、
「すべて」に、なんらかの作用をもたらしていくんです。



ユングの読み過ぎかしら(爆)?


でも、そう考えていくと
たのしいなって思います。


マーマーマガジンの発売は、
ごめんなさい、6月末ではなくて、
7月頭となりました。
たくさんの注文が入っています!
ありがとうございます!

また、7月は、6日7日に
盛岡で「生マー」やります!

くわしくはこちらから!
http://coshinamon.kasi-friendly.com/?eid=719


チケットもう発売しているみたいです。
みなさん、お会いしましょうね。
「ナナロクの日」に、詩の朗読もさせていただきますよ!
詩の朗読といっても、
おしゃべりもたくさんありますから、
生マーと基本は同じです(笑)。
お気軽にいらしてくださいネ!



あと!

◎自由な自分になる本(アスペクト)
◎恋愛呼吸(加藤俊朗さんとの共著、中央公論)
も、6月25日発売決定となりました。


うわーい!
注文すごい入っているそうです。
みなさん、ありがとう!

自由自の第1弾目となる
◎あたらしい自分になる本(アスペクト)

も!
8刷となりましたよー!
わーい!
うれしい!


どうぞ、みなさん、お手にとってくださいね。

たくさん産卵をしたあとの
母亀みたいな自分になっていますが、
産卵後もまだ出産はあって(マーマーマガジンです)
今、陣痛がきている、っていう感じのところです!

う、う、うっ、うまれる!!!!!!!!!!!!


どうぞ、おたのしみにー!





それではまたでーす!



今日は、来日中のアリシア・ベイ=ローレルさんに
お会いしてきます! たのしみだなー。


はっ、みなさんからのたくさんのお便りも
読ませていただいていますよ! ありがとう!
はるみさん、ありがとね! ほんとうにすごいレスマーだった!!!!!!!



みんな、元気でね。

生きてたら、状況って変わるから、
希望をどうか、忘れないでね。







チャオの潜在意識を奥深くほっていって、宇宙意識にたどりつくと、
その足元は、シリウスBであった





























| コンシャスプラン | 11:00 | - |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - |
<< 最近の編集部 | TOP | 恋愛呼吸/願望成就に時間がかかるのもまたいいネ/強力アファメーション文例/アリシア・ベイ=ローレル個展 >>