CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
最新記事
バックナンバー
記事のカテゴリー
別マー連載一覧
カワムラタマミ 新連載:姫・殿・じいや・ばあや! 渡辺えり子の 2010年 ヨガのなう 冷えとりガールズの集い マーマーガールズ座談会 裏話 こころと部屋の大浄化作戦 わたしの浄化自慢 クラニオ日記 別マー山岳部 エコ部
MOBILE
qrcode
さよならの向こう側
「弓をいっぱい引きしぼったら
あとは放つばかりだ。
盃に酒をいっぱいにしたら
あとはこぼれるばかりだ。
あまり鋭く研いだ刃物は
じきに欠けはじめる。
金や宝石で倉をいっぱいにしたら、
いつか奪われる。
富んで、おごり、たかぶる人は、
落ちこむせとぎわにいるんだよ。
何もかもぎりぎりまでやらないで、
やるべきことが終ったら、
引っこむのがいいんだ。
それが天の道に添うことなんだ」


『「老子」新訳 名のない領域からの声』(加島祥造=著 地湧社=刊)より抜粋




みなさん、こんにちは=!
えーえーえーえーえーえーえー
もう7月終わりなのーーーーー
ぶへぶほぶきゃぶみぶはーーーー!

おどろきますねおどろきますねおどろきますねー(淀川長治さんの声で/息継ぎしないで読んでください)。
あー、もう、びっくりする。

先日、はづき虹映さんとお話したさいに、
1か月の時間が、今1年くらいなのではないかと
お話くださったのですけれども、
本当にそうかなって思います。


だから、電撃婚といっても、
たとえば、出合ってから半年で結婚したとしても、
6か月=6年つきあったのと
同じくらいの体験をしていると思いますよ、
と教えてくださって
なーる!!!って思いました。はづきさん、ありがとうございます。


一方で、時間ってふしぎで
そんなふうにスピードがんがんあがっている部門(えっ? 部門? 地域? ひとたち?)と
もう、ぜんぜん変わりません!!!という領域がどうもあるみたいだという
お話もしてくださって、
それも、本当に、そうだなあって思います。


1年を生きたとして、12年ぶん生きたように生きるひとと
3日くらいな感じで生きるひとと(つまり何もかわらない)
おおげさですけれども、
そういう体験の違いがでてくるということです。


これは、いいとかわるいとかじゃなくて、
なにか、そういう、宇宙の時間帯に入ったというのかしら?
また、そういうのも変わっていくのでしょうけれど、
とにもかくにも、時間ってミラクルですよね。
時間のふしぎは、こう、物質界にいると、
自分ではぜんぜん体験できなくて、
わずか、夢の中だけで、
ほんのわずかに、その本質を体験できているのかなと思います。
臨死体験した人、とか、ね。

『風立ちぬ』でも
主人公が、夢の中に入って、
ある人の夢と同じ夢にいる、みたいな場面があったりするのですが、
そういうことって
本当にあると思う。
そして、本当に、
こっちが夢で、あっちがほんとうかもしれないって思います。


***


時間といえば!
先日、中美恵さんのカフェに
あそびにいってきました。
ランチを食べにいったんです。
そうしたら
「今日、マヤ暦の新年なんですよー!」っていわれて、
大感激しました。

暦の上ではディセンバーじゃないですけれど、
古い暦はおもしろいですよね。
時間って、時間って、時間ってなんだろう!!!!!!
ミヒャエル・エンデを読みながら、
ぼうっとしたい衝動にかられますですね。

ぼうっとするといえば、
その、中さんのお料理をいただいたのは、
断食後から数日後だったこともあって、
とにかく、からだに、びんびんとしみました。
(8月から、見習いアルバイトに入ってくれる倉橋君のことばを
借りるならば、「バビンバビン」としみました)

やー、そのランチというのは
バイキングなんですけれども
お皿に盛るチャンスは1回、なんですね。
それにいのちをかけてとる。
で、味わう。

夏野菜がたくさんあったのですが、
こう、素材の味がしっかりして、
その日のランチの味を
夜になっても翌日になっても、
こころのなかで反芻するほど(ヒマ人すぎる)、おいしかったです。

食べものって
ほんとうにすごいのですね。


***


今、マーマーマガジン編集部は、
秋に発刊する別冊body&soul 冷えとり健康法2、
さらに秋に出る農業特集後編、の制作を
わしわしわしわし、やっていますよ!



会社っておもしろいですよね。
うちは少人数なので、本当に、仲間仲間しているんですけれども
(だからといってベタベタしてるわけじゃないですが)
なんだろうなあ、家庭でも学校でも学べなかった何か、について
磨きにきている場そのものにほかならないなって思います。

こう、一緒になるというのもご縁があると思いますしね。

そうそう、ご縁といえば
先日、読者のかたからいただいたおはがきで
ビビビとくるビビビ婚
というのは、カルマが重いというか、
すごくカルマの解消の課題がまだ残っている相手なんだそうです。
ほへー。おもしろいですね。

まあ、夫婦にせよ、友だちにせよ、
会社の人間関係にせよ、
すべて意味があって、
自分が見たいから見ている世界なのだと思いますが(どのような景色であれ)
うまくいえないのだけれど、
冒頭で書いた、時間のスピードの変化にともない、
そういうカルマ解消みたいなことの
宇宙のしくみ、みたいなものも
少し、こう、変わってきているのかなって(ヒマ人すぎますね
こういうことばかり考えていて)
思ったりもしています。


ということで!
このブログも
今日でおしまいです。
正式には、
こういうかたちでの、
ブログは終了いたします。


◎山口百恵さん
さよならの向こう側
http://www.youtube.com/watch?v=9dsCFcBiGBY


この曲を流しながら、
長いブログを書いたのですが、
なぜか、消えてしまいました(がーん)。

おおげさにやりすぎた(たは)!!!!!!


って!
本当に、みなさん、ありがとうございました。



でも、、、、
百恵ちゃんと同じ気持ちで……。





ありがとうをいくら重ねても……




あとは、この映像にゆだねます!!!!!!(大げさ!!!!!!!)






うしろぉぉぉ、すがたぁ、みないでーくださぁいいいいいい



さんきゅーふぉーゆ かいんどねーす
さんきゅーふぉーゆ てんだねーす
さんきゅ、ふぉゆ、




ということで!(音楽は流れたまま)



あたらしいページはこちらです!


ざん!


服部みれい ホームページ
http://hattorimirei.com/



「ことば」は不定期で、更新です!

これまでのこのブログとは
ちょっとちがうかたちになるので、、
いやーん、これまでの
おしゃべりみたいなのが読みたいワーーーンというかたは、

こちら!


ざん!


服部みれいの超☆私的通信ッ
http://www.mag2.com/m/0001368970.html


をぜひお読みくださいませね!!!!!




みなさん、5年間、
ほんとうに、ありがとうございました。


マーマーマガジン、別マー、
エムエムソックス、ブックス、そして
マーマースクールを
ひきつづきどうぞ、よろしくお願いもうしあげます。



元気でね=
元気で、
生きてください。




よい夏を!




チャオもさよならの向こう側



| お知らせ | 15:48 | - |
<< 自然のなりゆき | TOP | 野口勲さんのトークショウ◎よみがえりのレシピ上映会@川越のおしらせ >>